• ホーム
  • 八光グループ(株式会社八光電機、株式会社八光)

八光グループ(株式会社八光電機、株式会社八光)

勤務地
北信
業種
製造

エントリー

※外部サイトに移動します

会社概要

「われらは社会のためにあり」をスローガンに、モノづくりに必要不可欠な電熱ヒーター、シングルユース(使い捨て)医療機器など、様々な分野で高く評価されています。
その歴史は長く、1596年創業の酒造業を起源に、1903年には信州戸倉上山田温泉にて観光ホテルを創立。
メーカーとしては、1944年の創業から80年、現在では国内18ヶ所の営業拠点と海外に3拠点を持ち、世界のニーズにお応えしています。
【株式会社八光電機】
・ヒーター、産業向け加熱システムの設計・製造を行っている八光電機。戦後から他のメーカーに先駆けてシーズヒーターの製造を開始して以来、品質の向上、研究開発を重ね、常にヒーター業界の先頭を歩んでまいりました。そして長年培われたヒーティング&コントロール技術から、熱という無形のエネルギーを巧みに操り、形ある製品としてより使い勝手の良い熱工具の創出に日々研究を重ねております。モノづくり業界では「熱」を使用する場所が洗浄・乾燥・加熱・滅菌・加工等多くあります。すべての業界から必要とされる熱デバイスをお客様の要望に合わせて製造しております。
【株式会社八光】
・麻酔、画像診断、輸液輸血、内視鏡外科手術等のシングルユース医療機器を開発・製造・販売し、国内病院はもとより海外病院においても高い評価を頂いております。1990年代、開腹手術から内視鏡外科手術へと術式の大きな変化があった際にも、ドクターのニーズにお応えし新たな医療機器を開発して参りましたが、より安全で使い勝手が良く、そしてコストパフォーマンスに優れた医療機器を、迅速に開発しドクターにご提供する事が、我々に与えられた使命であると考えています。今後も患者様のQOL(クオリティオブライフ)に貢献するべく、独創的なオリジナル製品の開発に全力で邁進してまいります。

わが社のここがポイント

  • ニッチトップ製品を多く持ち、開発から販売まで自社で一貫して行っています。
  • 人の手を介した高精度な製品を作る技術力を持つ製造メーカー。
  • オーダーメイド・ニーズに対応した製品を生み出し続けて80年。

事業内容

【八光電機】電熱ヒーター業界の先駆者として精度の高いヒーター、産業用加熱システムの開発・製造・販売。
【八光】針・内視鏡外科手術器具を中心としたシングルユース医療機器の開発・製造・販売。

設立
1944年6月27日
資本金
【八光電機】5,000万円 【八光】8,500万円
代表者
【株式会社八光電機】堀澤昭彦 【株式会社八光】髙橋浩
売上高
【八光電機】32億円 【八光】68億円
従業員数
【八光電機】170名 【八光】370名
電話番号
026-275-0121
FAX番号
026-276-0492
事業所
【八光電機】東京支店、札幌営業所、仙台支店、宇都宮支店、大宮支店、大阪支店、京都営業所、福岡支店
【八光】本郷支店、本郷商品管理センター、札幌営業所、柏営業所、柏物流センター、横浜営業所、仙台支店、大阪支店、福岡支店、熊本営業所
【その他関連会社】株式会社八光興発、長野八光商事株式会社、名古屋八光商事株式会社、岡山八光商事株式会社、笹屋ホテル、坂井銘醸(萱)
ホームページ
https://www.hakko-grp.jp/
本社住所
長野県千曲市磯部1486番地

企業PR動画

エントリー

※外部サイトに移動します