有限会社フジモリ薬局

業種
サービス

2022年2月5日

地域の皆さんが、健康で元気に暮らせるように。地元で最も愛される薬剤師を目指します。

有限会社フジモリ薬局

メルヘン街道店

安井 真祐

1976年生まれ、奈良県出身。京都薬科大学薬学部卒業後、名古屋市の病院勤務を経て2021年入社。八ヶ岳の麓、諏訪エリアの環境に引かれて移住・転職を決意。休日は登山、家庭菜園など充実した信州暮らしを満喫。

わが社のここがポイント

  • 地域密着型で、地元愛にあふれた薬局
  • 困ったことがあれば、職員全員がサポートしてくれる心強い体制
  • 会社とともに、学び、成長していける職場

インタビュー内容

―どんな仕事をしていますか

薬剤師として、地域住民の方が健康で元気に暮らすためのサポートをしています。処方箋調剤や薬歴の管理、直接お話をして生活習慣を伺い、一人一人に合わせたアドバイスも行います。薬局の仕事は「薬をお渡ししておしまい」ではありません。患者の皆さまの健康状態がより良くなるために、薬剤師としての知識や経験を生かした対応を心がけています。一番近くで、大切な日常に寄り添えることがやりがいです。

―この会社を選んだ理由は

当グループが、「一人一人に寄り添う地域の薬局」「健康をトータルにサポート」「地域医療への貢献」というビジョンを掲げている点に共感し、入社を決めました。「地元の人に支えられてフジモリ薬局グループは成長してきた。地域の皆さんに恩返しがしたい」と語っていた社長の言葉が印象的で、私もその一員になりたいと思いました。地域の皆さんにとって身近な存在を目指し、地元で最も愛される薬剤師になりたいです。

―信州で働く魅力は

薬剤師の仕事は、地域住民の方との距離が近いことが魅力です。処方箋で示された薬は多岐にわたるので大変さもありますが、その方の日常を支えているという実感があります。患者の皆さまと仲良くなって、薬の話だけでなく、地域の話題や畑の話をするのも楽しみです。御柱祭の時には、店の前でみそ汁の振る舞いをするなど地域に密着した取り組みをしました。地域の方が気軽に立ち寄り、相談できる薬局にしていきたいです。

この記事もおすすめ