• ホーム
  • 日本スキー場開発株式会社

日本スキー場開発株式会社

業種
サービス
建設・住宅・不動産

エントリー

※外部サイトに移動します

2022年2月5日

新カフェの副店長として、岩岳リゾートの魅力を発信。チャンスをもらえる職場で全力投球しています。

日本スキー場開発株式会社

岩岳リゾート

木原 妃菜

1998年生まれ、須坂市出身。駒沢大学文学部卒業後、2021年入社。幼少期から好きだった白馬の地に就職。1年目で紅茶専門店「CHAVATY白馬店」の副店長を任される。自然に囲まれた店舗で、接客や仕込み、SNSの発信などを行う。

わが社のここがポイント

  • 若手の意見も大切にしてくれて、チャンスが多い会社です
  • やりたいことを実現できる会社。仕事にワクワクしながら前向きに取り組めます
  • 部署の壁を感じさせないチームワークがあります

インタビュー内容

―どんな仕事をしていますか

北安曇郡白馬村の白馬岩岳スノーフィールドに新しくオープンした「CHAVATY白馬店」の副店長を務めています。ティーラテと焼きたてスコーンの専⾨店で県内初出店です。森の中にたたずむ店内でお客さまがほっと一息つける―そんな落ち着いた空間のご提供を目指しています。プレオープン時から大勢のお客さまに訪れていただき、ご期待に身が引き締まる思いがしています。うれしいお言葉をいただき、忙しくも楽しい時間を過ごしています。

―印象深かったできごとは

白馬店を出す前にCHAVATY本厚木店で研修をさせていただきました。今までと異なる環境で、たくさんの方に関われたこと、新しい考えを得られたことで、業務においての視野が広がり、副店長としての心構えを作ることができました。店舗運営では、作業効率を追求しつつも、くつろいでいただける雰囲気は大切に守るということを心掛けていきたいと思います。社会人1年目にこのような経験をさせていただいたことに感謝しています。

―仕事で大切にしていることは

入社直後は、岩岳リゾートに訪れたお客さんが必ず足を運ぶチケットセンターの発券業務を担当していました。お客さまはこれから向かう山頂の様子が分からず不安に思われていることもあるので、山頂スタッフとこまめに連絡をとりながら天候などを把握し、お客さまの質問に何でも答えられるようにと準備をしました。お客さまの気持ちに配慮しながら、元気にお応えする姿勢の大切さをこの業務で学びました。

この記事もおすすめ

エントリー

※外部サイトに移動します