• ホーム
  • 株式会社NIKKOホールディングス

株式会社NIKKOホールディングス

勤務地
北信
業種
サービス

エントリー

※外部サイトに移動します

2022年2月5日

接遇やホスピタリティーを基礎から学べる職場。お客さまに寄り添って心に届くお見送りの場をつくりたい。

株式会社NIKKOホールディングス

典礼部

浅川 美風

1995年生まれ、長野市出身。大東文化大学経営学部卒業後、2018年入社。研修時に各部署のルーティンを経験して典礼部への配属を希望した。休日はもっぱらショッピング。県内外のショップ巡りでリフレッシュしている。

わが社のここがポイント

  • 冠婚葬祭、観光、介護、フードビジネスなど幅広い事業展開
  • 他部署とのコミュニケーションが活発で働きやすい
  • 社内外の研修プログラム充実。自身の成長につながる環境

インタビュー内容

―この会社を選んだ理由は

両親の仕事の関係で、小さい頃から当社のパーティー会場を利用する機会がありました。当時スタッフの方に優しく接していただいた思い出もあり、最初は婚礼部門を希望して入社。2カ月の研修で全部門を回るうち、落ち着いた雰囲気の典礼部が自分に合っていると感じたのが、今の部署に就くきっかけです。婚礼と典礼では真逆のイメージですが、どちらにも尊敬できる先輩がいてフォローしてくれるのは同じ。とても心強いです。

―どんな仕事をしていますか

主に葬儀の司会進行を担当。式が滞りなく進むよう全体を取り仕切る役目です。お客さまも、家族だけでゆっくりお別れしたい方、たくさん思い出を語り合って大勢で見送りたいという方などさまざまなので、気持ちをくみ取った柔軟な対応を心がけています。今は葬儀メインですが、ゆくゆくは、お通夜から出棺・納棺まで打ち合わせ全般を担当し、もっとお客さまの近くで一緒にお見送りできるスタッフを目指したいと思っています。

―印象深かったできごとは

当社のオリジナル礼状は、喪主さまが故人さまに届けたい言葉を自由にしたためられるもの。ある葬儀の最後に代読した際には、ご遺族の方から「あまり泣かせないでくれ」「本当に感動しました。ありがとう」と感謝の言葉をいただきました。喪主さまの思いに寄り添えるよう意識していたことが伝わったようでうれしかったです。この仕事には正解がなく迷うことも多いのですが、その分成長し続けられることをとても魅力に感じています。

この記事もおすすめ

エントリー

※外部サイトに移動します