長野機材株式会社

勤務地
北信
南信
業種
建設・住宅・不動産

2022年2月4日

種類豊富な交通安全施設の知識を増やし、正しい設計と徹底した施工管理でよりきれいな仕上がりを目指したい!

長野機材株式会社

工営部

千野 雄大

1997年生まれ、上田市出身。諏訪東京理科大学経営情報学部卒業後、2020年入社。ものづくりが好きで、企業説明会での楽しそうな雰囲気が入社の決め手。社内のバックアップを受けて2級土木施工管理技術検定を受検し、現在結果待ち。

わが社のここがポイント

  • ベテランが多い分、多くの経験を教わって知識が身につきます
  • 暮らしを守る「交通安全施設」の設置で地域貢献を実感できます
  • 風通しよく自由度の高い社風で、先輩方がしっかり支えてくれます

インタビュー内容

―どんな仕事をしていますか

道路の区画線や標識、ガードレールなど「交通安全施設」の設置が当社の仕事。その中で私は営業職として、地方自治体から道路工事を請け負ったお客さまを訪問し、主に区画線を引く工事を受注しています。普段から取り引きをしているゼネコンが中心で、工事費の見積もりを出して受注ができたら、工事現場でお客さまと区画線を引く位置を決めて施工班に指示したり、施工状況を写真撮影するなどの施工管理も実施。時には図面作成も行います。

―仕事のやりがいは

自分が設計した図面通りに工事が完成すると達成感を覚え、現場を通るたびに施工時を思い出してやりがいを感じます。印象に残っているのは初めて担当した、車道に走行注意を呼び掛けるカラー舗装工事の現場。通行止めを必要とする工事のため、道路使用の許可申請、近隣への工事案内配布や区長へのあいさつ、また工事書類の作成まで全ての段取りを行いました。普段は陽気で楽しい先輩方が現場で真剣に仕事をこなしていく姿も毎回格好良くて印象的です。

―職場の雰囲気は

入社後は工事・営業・区画線の仕事を一通り研修し、営業先も役所やゼネコン、警察関係までさまざまな経験を積みました。こうした研修を経て、希望と適性に応じて部署を選べる自由な社風も当社の魅力です。知識豊富な先輩方はしっかり教えてくれ、相談すると提案商品を一緒に考えてくれたり、大規模工事は現場の立ち会いに同行してくれることも。また普段から仲が良く、休日は先輩方に誘われて、スイーツや食べ放題のお店巡りをすることもあります。

この記事もおすすめ